ヘルペスってどんな病気?知っておきたい症状や原因!

俗にいう「ヘルペス」とはヘルペスウイルスに感染している病気のことです。
ウイルスとは微生物の一種で、非自己の細胞に感染することで増殖します。

 

必要以上の感染を許した細胞は正常な機能を失います。
機能不全に陥った細胞が多くなると組織としても恒常性を失い、やがて宿主の生命を維持することが困難になります。

美人悩み02

 

ウイルス感染について

ウイルスの感染は、健康面だけではなく経済的にも大きな影響を与えます。
それは、感染源や感染経路に関係するものに与えるイメージが悪くなるからです。

 

ウイルスは当然人間の目では見ることができないので、人口の増加や高速交通輸送の拡大に対して身を守る術を知っておかなければなりません。

 

ヘルペスの発症までの経緯と症状

ヘルペスウイルスの感染は粘膜(口腔や生殖器)でおこります。
口腔で感染すると三叉神経節に、性器で感染すると仙髄神経節に潜伏します。

 

潜伏後、ウイルスに増殖の刺激があると再活性化して神経を下行し、感染場所とほぼ同じ場所に帯状疱疹(水ぶくれ)を形成します。

 

帯状疱疹の中には増殖したウイルスが含まれているため、漏れ出た液を介して感染が伝播します。

 

初感染時に抵抗力が弱いと、つまり体力が落ちている場合、発熱や疼痛を伴って帯状疱疹が急激に出現します。

 

ヘルペスの予防と治療薬

予防するために大事なことは2つです。

 

1つは自分にとって良い健康状態を保つこと。

ヘルペスウイルスはもともとヒトの体に保菌されていて、普段はその働きを制限されています。
疲れが溜まっている状態や月経、心労を感じている状態が長く続くと帯状疱疹のサインが現れます。皮膚が固くなる(しこり)様な違和感がサインです。

 

もう1つは症状のあるヒトとの接触を制限することです。

コンドームの使用も予防です。抗ウイルス薬として、ウイルスそのものをターゲットにした軟膏や服用薬が開発されています。
症状が表れ易い場所を把握して、まずはすぐに抗ウイルス薬を塗布することが大切です。

 
ヘルペス通販はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ