体や皮膚の表面や奥がピリピリ、チクチク痛い!これが帯状疱疹?

帯状疱疹はヘルペスウイルスの1つであるヘルペスウイルス3型(HHV3)によって引き起こされる感染症です。

発熱を伴って、ヒリヒリ、チクチクと痛む水痘は抗ペルペスウイルス薬の早期の服用によって軽症のうちに緩和されます。

 

帯状疱疹の出現

HHV3が潜伏する神経節は三叉神経節、胸神経節、脊髄神経節、坐骨神経節です。

一本の神経支配領域に添って、活性化したHHV3が細胞内で増殖します。

 

活性化は妊娠や加齢、ストレスや疲労など健康状態が普段のとは違うときに起こります。

また、免疫不全や低下を伴う他の基礎疾患がある時にも注意が必要です。

 

細胞内でHHV3が増殖し始めると、体はしこりや異物感のような違和感を感じるようになります。

やがて体には神経節に沿って、水痘が生じ、ヒリヒリ、チクチクと痛みを感じます。

 

水痘の大きさは小豆大で中央にくぼみがあります。

水痘は発熱を伴って帯状に広がりますが、体の神経節は左右で異なるため、拡散はどちらか一方になります。

 

やがて水疱は、中の水が膿になり黄色い膿疱になっていきます。

このころが体に感じるヒリヒリ、チクチクとした知覚症状が一番強く現れます。

 

体内のHHV3の減少に伴って皮膚症状や痛みは緩和していきますが、

抗ヘルペスウイルス薬の早期投与が重症化と後遺症を回避するキーポイントになります。

 

治療開始が遅れると後遺症が残ることも。

帯状疱疹の特徴は体にヒリヒリ、チクチクと痛みを伴う水痘が出現することと発熱です。

これらの症状は約3週間で完治に向かいますが、早期に治療が開始されなかった場合には帯状疱疹後神経痛という後遺症が残るケースが多くみられます。

 

ヒリヒリ、チクチクとした痛みの原因は、HHV3が潜伏する神経節を損傷するためです。

 

帯状疱疹後神経痛の治療は、非ステロイド性抗炎症薬やアセトアミノフェンのようなブロッキング薬を使用します。

 

抗ヘルペスウイルス薬の投薬が遅れることが原因なので早期に内科での診断を受けることが必要です。

 

また、早期に抗ヘルペスウイルス薬の服用を始めても、経過の中で重症化し、帯状疱疹後神経痛に至るケースもあるので自己判断での容量用法の変更は絶対しないでください。

 

とくに免疫低下の基礎疾患を有する場合は必ず専門医のと相談しましょう。

 
ヘルペス通販はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ